一括査定orユーカーパック?

一括査定とユーカーパックどちらが良いか

一括査定とユーカーパックは複数の買取業者から査定を比較できる点で共通しています。
一括査定は1社ずつ査定を受けるのに対して、ユーカーパックは取次店か出張スタッフから1回査定するだけで済むメリットがあります。
気になるのは、どちらの方が高く売れるかです。車の売却は業者によって買取価格が数十万円単位で変わることがあります。当ページで高く売るならどちらの方が優れているのか検証しました。

仕組みと登録業者の違い

一括査定は買取専門業者に対して同時に複数社査定申込を行うサービス。
ユーカーパックは登録業者に対してオークション形式で入札を募るサービスです。
業者が払う手数料は、査定依頼ごとに2~3千円程度の紹介料を払う一括査定に対して、ユーカーパックは成約時のみ数万円単位の手数料が必要です。
仮に買取価格100万円だった場合、ユーカーパックは7万5千円(基本料5万円+成約手数料2.5%)かかるので、業者の払う手数料に7万円以上の差が出ます。
それでも、一括査定に登録している買取業者よりもユーカーパックに登録している業者の方が高く車を買ってくれる傾向があります。

一括査定は、車種を問わず査定依頼を受けると一律で手数料を必要にするため、どんな車でも対応できる買取専門店が中心です。
ユーカーパックは出品された車両を見て入札するか決められるため、販売業者の比率が高いです。
通常、下取りや買取された中古車は、直売や業販で売れない場合に業者用オークションへ出品します。
全体的な傾向では、一括査定の登録業者は業者用オークションの売り手ユーカーパック登録業者は業者用オークションの買い手が多いです。
つまり、ユーカーパックは業者の負担する高額な手数料を差し引いても一括査定に登録している買取業者よりも高く買取できる可能性があります。

安定感が高いのは一括査定

ユーカーパックは2018年6月現在、約2,650社の登録業者がいますが、オークション形式のため、出品する車種や状態、タイミングによって入札に参加する業者数は異なります。
業者の負担するユーカーパックの手数料は、一括査定や業者用オークションに比べて割高です。
オークション形式は、複数の業者が入札に参加して競り上がることで高価買取を可能にします。
つまり実際に出品してみないと高く売れるかは分かりません。
売り手は希望価格(売切価格)を設定できるので、想定より安く売れてしまうことはなく、ユーカーパックの登録業者にも買取専門店が多数いるので相場より大幅に安い値段で決着することはありません。
ただし、買取専門店が落札した場合は、手数料の差だけ一括査定より安くなる懸念があります。

一括査定に登録している買取専門店は必ず業者用オークションの相場を基準に査定額を算出しています。
ユーカーパックは普及しているサービスとはいえ、全国で毎月数十万台以上の取引をされる業者用オークションに比べると規模は小さいです。
一括査定は買取専門店のなかでも、他社と競合して最高値を提示できる自信を持つ業者の中から複数社比較できるので、買取価格に安定感を期待できます。
業者用オークションも一定割合で複数の入札者によって競り上がって落札価格が跳ね上がります。
強い買取専門店は一部で赤字を出しても買取台数をこなすことでオークションの跳ね上がりや自社の直売で大きな利幅が出る車が牽引して全体で利益を残せば良いと考えています。
つまり、一括査定で最高値を提示してくる業者は、車種・状態・タイミングを問わず買取相場の上限付近の価格を必ず提示してくるため、安定感があります。

ユーカーパックは交渉力を必要にしない

一括査定は1社ずつ査定を受ける特性から、2重査定をされるケースが多いです。
2重査定とは、最初は低めの査定額を提示して、交渉や他社の条件を提示することで初期査定よりプラスした条件を提示することです。
複数社比較すると、実際は3重、4重・・・と何度も提示される査定額が変わることもあります。
最終的には即決の意思を見せないと限界価格を提示してもらえないことが多く、毎日他社と比較される買取商談を行っている一括査定登録業者は、百戦錬磨の巧みな話術で余力を残した早期成約にまとめることを得意にしています。
つまり、一括査定を利用すれば誰でも高く売れるのではなく、売り手の交渉力次第で売れる値段は変わります。

ユーカーパックは落札もしくは希望価格に届かない金額での最高値入札をしない限り、業者と出品者が直接連絡を取れない仕組みになっています。
(希望価格で落札されず、最高値入札業者との商談不成立になると2番目の業者が商談に応じる場合もあります)

ユーカーパック登録業者は売却者に対して駆け引きなしで他の業者を相手にしたガチンコの金額勝負で落札や最高値入札を勝ち取るしかありません。
もちろん、業者同士で現在の最高値価格がいくらになっているか確認できるシステムです。
交渉力関係なしに、各業者の限界価格を引き出す点ではユーカーパックの方が優れています。

まとめ

高く売るならユーカーパック

一括査定とユーカーパックのどちらが高く売れるかは、実際にそれぞれ申込をしてみないと分かりません。
売却価格の特徴と傾向をまとめると以下のようになります。

  1. 下限価格が高いのは一括査定(適切な交渉と比較をすることが条件)
  2. より高く売れる可能性があるのは、ユーカーパック
  3. ユーカーパックは交渉力なしで確実に最高値業者を知ることができる

上記3点の特徴だけ見るとユーカーパックの方が優れています。
ただし、登録業者は入札する車を選ぶ特性や手数料の割高な問題によって安定感は一括査定に劣ります
一括査定、ユーカーパック両方の仕組みや、高く売れるパターンと理由を認識した上で利用するサービスを選んでください。