買取専門店の定義と特徴

ディーラー下取りのチェックポイント

買取専門店という言葉は、中古車販売はせず買取に特化した業態が普及したことで生まれました。
直売に比べて利幅は減りますが、在庫リスクを減らして販売に対するコストと大量仕入れによるオークション会場までの輸送費用の削減によって従来の売却方法より高価買取を実現して流行しました。

最近の買取専門店は自社販売も行う業者が増えています。最大手のガリバーが自社販売を始めたことで現在の定義は以下に変わりました。

・中古車買取を強化している
・代替ではなく売るだけでも好条件を提示する
・出張査定・出張買取を行っている

ディーラーの場合は買取のみにも対応していますが、購入を伴わない売却のみでは査定額が安くなります。
昨今、販売事業にも触手を伸ばす買取専門店ですが、やはり主力は買取です。
買取を強化しているので依頼をすれば、いつでもスピーディーに出張査定に応じてもらえるので早期売却を希望の場合に適しています。

高価買取できる理由

買取専門店が高額買取可能なワケ

利用する業者や車種、状態、タイミングによって異なりますが、高価買取できる仕組みは次のものがあります。

・薄利多売によって1台あたりの利幅を少なく見積りしている
一部で赤字が出ても全体で黒字になればいいと考えている
・在庫回転率が早い
・直売以外で売却するノウハウが豊富

買取専門店は安価なディーラー下取りに対する優位性で普及したサービスですが、査定が好条件を提示するディーラー下取りの増加や買取業者による競争の激化から、最近ではオークション転売のみでの運営では太刀打ちできなくなってきました。
そこで大手買取専門店は売れやすい車種は自社で直売をするなど適度に在庫回転率を早めることで無駄を削減するところが増加しています。

中古車は仕入れてみないと分からない>

車の査定価格は新車ディーラー、買取専門店、ユーカーパック登録業者など全て共通で業者用オークションの落札相場を参考にしています。
新車ディーラーは独自の査定本によるマニュアル査定を活用しているところが多いですがオークション相場を見ながら要相談で条件を決めています。 業者用オークションは国内最大規模のUSS東京(千葉県野田市)で毎週1万台以上の中古車が出品されているのをはじめ、全国には複数のオークション会場があり、毎月数十万台から数百万台の落札相場が出ています。
なお、業者用オークションはショールームや中古車売買実績のある業者でないと登録はできず、一般の人は業者用オークションの相場を確認することができません。
落札価格を参考にした査定では安く落札された情報を参考にしているため、事故修復歴の見落としがなければ大赤字になることは少なく、一定割合で見込額よりも大幅に高く売れます。
また、直売や業販を行っている業者は仕入れてみないと、どの方法で売却できるか分かりません。

買取専門店の多くは、仕入れ台数を稼ぐことで高く売れる車の割合を増やして全体で利益を出そうと考えています。
仕入れ台数を増やすためなら一部で赤字が出てもしょうがないという考え方を持っていますし、業販や直売ネットワークの強いところなら、売ろうとしている車種を探しているお客を抱えているケースもあります。
こうしたバックオーダーの状況や薄利多売の考え方、直近で赤字買取した車の比率によって赤字覚悟の査定を提示することもあれば、利幅を取ろうとした条件になることもあります。

業者の都合やタイミングの問題もあるため、車種や時期を問わず100%他社より高く買取できる業者は存在しません。買取専門店でも状況次第で買取価格に差の出ることから、一括査定で複数社比較できるサービスが普及しました。