車の個人売買は時代遅れ!?

友人同士の会話

車の個人売買は以下の3種類があります。

・直接の知人への売却
・知人の仲介による売却
・ネットで買い手を見つける

この中で唯一おすすめできるのは知人への売却です。
信頼できる相手に限ったことで、この人に乗ってもらえるなら安く譲ってもいいくらいの気持ちがなければオススメできません。
また、トラブル時に人間関係へ悪影響を与えますので相場より高く売ることや、安く売っていることを理解してもらえないような人を相手にするのはやめましょう。
一時期流行したネットによる個人売買も最近は利用者が減り、定番ツールのヤフオクでも業者による出品比率が高まっています。

個人売買のメリットを正しく理解する

理解のイメージ画像

個人売買はエンドユーザーに直接売却するため、中間マージンは発生しません。
売る人は業者の買取価格よりも高く売れて、買う人は中古車販売店で買うよりも安く買えます。
業者や販売店で受けられる名義変更や整備・補償の面からすると、個人売買は額面が良くても必ずしもお得とは限らず、トラブルリスクの多い問題があります。
特に気を付けたいのがネットの個人売買で車を買おうとする人です。
ヤフオクではストア出品以外を見ても、評価履歴は中古車の出品を多数行っている個人のセミプロばかりです。
それだけ純粋な素人ではネットの個人売買で売ることは難しく、中古車売買に一定の知識を持っていないと失敗することを意味します。

ヤフオクの落札率が低下

車を買う人から見れば、ヤフオクのストア出品は思っている以上に安くないと感じています。
そもそもヤフオクで車を売る業者やセミプロは、主に業者用オークションで車を仕入れています。
最近の大手中古車販売店はガリバーやビッグモーター、ディーラー系など買取や新車下取りなど個人からの仕入れに強い業者が多いです。
ヤフオクで車を売っている業者はショールームを持つ正規業者に比べて、仕入れコストの高いため、整備や保証が付くと割安感のない価格帯になっています。
ノークレームの現状販売であれば多少は安いですが、状態が悪くて店頭販売では売れにくい中古車が多く、購入者の満足度は低いです。
業者やセミプロ相手でもヤフオクで車を買いたくないと考える人が増えている中で、完全な素人の出品であればさらに安い価格でないと売れません。
結果的に手数料と手間の損失を出しただけで売れずに終わり、過剰な値引き交渉に応じて安く買い叩かれてしまう事例が増えています。

そもそも個人売買で車を高く売ろうと考えている人は、売ったお金で業者から新車や中古車を買おうとしている場合が多く、個人売買で成功する確率は低いです。 自分自身もヤフオクなどの個人売買で何台か中古車を買った経験を持ち、個人売買のルールや流れ、業界事情を理解している人ではれば成功率は高いです。

個人売買のトラブル事例

よくある個人売買のトラブルや失敗事例をまとめました。

情報を伝えきれない

車をネットの情報だけで買うのはリスクの高い行為です。
少しでも買い手に安心を与えるためにも、車の写真をたくさん掲載して、状態を細かく記載する必要があります。
買い手が安心して入札できる出品方法を取らないと相場よりも安く売れてしまいます。
仮に一括査定で最高値だった業者の買取価格で、3枚程度の写真と簡単な説明文で出品したら落札されない可能性が高いです。

減額によるトラブル

個人売買は3N(ノークレーム、ノーリターン、ノーキャンセル)が基本です。3Nをしっかり明記していたとしても一定割合でクレームが入ります。
ネットの個人売買で車を買おうとする人の中には、業者相手では車を買えないケチでクセのある人が多いです。
返品・返金に応じる気持ちがあっても、交通費や名義変更でかかった費用や手間賃を請求されることもありますし、ノークレームを主張すると警察に被害届を出して訴訟すると脅してきます
サラリーマンの方や家族と同居している場合、トラブルを大きくすると面倒だと思い、最後は理不尽な要求に応じてしまうケースが多いです。

その他の金銭トラブル

クレーマーは何でも揚げ足を取ろうとしてくるものです。
たとえば引渡し日に名義変更の書類が揃っていなかったら、キャンセルや減額を要求してきます。
写真では分からない傷を見つけて減額交渉、下見だけなのに出品情報と違うのは詐欺だといって交通費を請求されることもあります。
ヤフオクで個人による出品が減ったのは、悪質な買い手の比率が高いからです。