一括査定の仕組みと注意点

一括査定のシステム

一括査定は名前の通り、複数の買取専門店に同時に申込できるサービスです。
一括査定はインターネットを通じて個人情報と売却する車の情報を1回入力すると査定依頼可能業者一覧を表示されます。その後任意でチェックした会社に査定依頼をできる仕組みになっています。
ユーカーパックも一度の申込情報で複数社の査定額を提示できる点では共通していますが、申込した業者から全て個別対応で連絡の取る必要が無いところが一括査定と大きく異なる点です。
一括査定は、申込情報を送信してからしばらくは電話が鳴りっぱなしになります。ユーカーパックは運営事務局からの電話のみで査定を受ける回数も1回で済みます。

一括査定の仕組み

一括査定が成り立つ関係性についての画像

一括査定は車に限らず保険や不動産などあらゆる一括査定を提供しているWebサービス専門会社や、カーセンサー・カービューのような中古車情報サービス、楽天・エイチームなどの大手といった多彩な業種が参入しています。
一括査定サイトの運営元は、車買取業者を紹介して利用者の情報を送付する仲介役の存在です。

買取業者は一括査定に登録すると、車を売ろうとしているお客からの査定依頼を獲得できるメリットがあります。
一括査定の費用は、登録している買取店が査定依頼を受ける度に2~3千円程度の手数料を払う仕組みで利用者は完全無料です。

一括査定を利用する人は以下のような関係性が成立しています。

利用者少ない手間で複数社に査定依頼をできて車を高く売れる
買取業者査定依頼が増えるので買取台数を増やして利益をあげる
一括査定サイト買取業者から手数料をもらう
一括査定のメリット

一括査定に登録した業者は必ず複数社と競合し、成約しなくても手数料を取られます。
それでも自社で独自に広告を出して集客するよりも、一括査定サイトに登録して数千円で見込客を紹介されたほうが効率良いと考えています。
一括査定に登録している業者は複数社と競合しても一定割合で最高値を提示できる自信を持っている業者しかいないので、近隣の業者から適当に数社ピックアップするよりも質の良い業者に査定依頼できます。
申込後は業者との直接対応になりますが、もし一括査定経由で申込をした業者とトラブルになれば一括査定サイトにクレームを言うことができ、クレームの多い業者は提携解除するなど一括査定業者がペナルティを科すこともあります。
買取業者からしてみても一括査定は大切な集客ツールなので、一括査定経由の申込者には強引な営業をせずスピーディーに対応するなど個別に申込をしたお客よりも丁寧な接客を期待できます

一括査定のメリットをまとめると以下の通りです。

・簡単手続きで複数社に査定依頼できる
・一括査定に登録している業者は複数社競合しても勝てる自信を持っているので質が高い
・一括査定経由で申込をすると強引な営業をしないなどクレームにならないような丁寧な接客をしてくれる

一括査定のデメリット

電話や査定対応の手間が増えるほかに以下2点のデメリットがあります。

・2重査定される
・即決意思を示さないと好条件を出してくれない

登録業者同士の駆け引きもあって、最初から全力査定を提示してくれる業者は少ないです。
たとえば査定依頼をA社、B社、C社の順番で査定を行ったとします。
もし金額提示を1回しかできないのであれば、最後に査定を行うC社が圧倒的に有利です。
この場合、A社は「この車を探している人がいるので、今すぐ決めてくれれば特別条件で買取できる」などと理由をつけて即決を促してきます。
もし即決前提の商談ができないのであれば全力査定を行わずに余力を残し、「もし他の2社の方が高かったら連絡ください」と伝えるのが一般的です。

このように比較する業者を多くして、何度も業者に他社の査定金額を含めた上で条件交渉を繰り返すことで高額買取の可能性を高められます。
しかし、相手も日々商談を行っている営業のプロです。巧みな話術で早い段階で成約させようとしてきます。
一括査定を利用して限界価格を引き出すには、利用者も上手に交渉するテクニックが必要です。
1社のみの相談よりかは複数社に比較させる時点で高く売れる確率は大幅に高まります。
ただし、複数社に査定依頼した中で高く売れる業者を見つけるのは、オークション形式で金額だけで勝負してくるユーカーパックに比べて難易度は高いです。