スタッドレスタイヤの交換時期は?

冬のお楽しみといえばスキーやスノーボードという方も多いのではないでしょうか。最近はキッズゲレンデやスキースクールなどが充実しているスキー場も多いので、お子さんと一緒にスキー場へ行くのもとても楽しみですね。
スキー場へのドライブで忘れてはいけないのがスタッドレスタイヤです。冬道を安全に走行するために欠かせないスタッドレスタイヤですが、ノーマルタイヤからスタッドレスタイヤへの交換時期はいつ頃していますか?ベストな交換時期はいつなのでしょうか?

【スタッドレスタイヤはなぜ雪道でも滑りにくいの?】

スタッドレスタイヤは雪道や凍結した道でも走行できるように開発されたタイヤです。
以前はタイヤに金属のピンを埋め込んだ「スパイクタイヤ」が主流でした。が、スパイクタイヤで雪の積もっていない道路を走行するとピンによって道路が削られてしまい、粉塵によって環境や人々の健康に影響を及ぼす危険性があるとのことで現在では地域によっては規制されています。そのかわりに開発されたのが「ピン(スタッド)がない(レス)タイヤ」です。
雪道や凍結した道でタイヤが滑りやすくなるのは氷が溶け水になり、その水が膜となって氷とタイヤの間に入ってしまうからです。スタッドレスタイヤはノーマルタイヤに比べて深くデコボコした溝がありその溝で路面をしっかりと掴みます。また、低温時でも柔軟さを保つゴムでできているので、路面の凹凸に合わせて密着し滑りづらくなっています。また、水膜を取り除くためにゴムの構造などを工夫し、除水効果を高めています。

【ノーマルタイヤからスタッドレスへの交換時期は?】

スタッドレスタイヤは雪が降ってから取り替えればいいと思っていませんか?スタッドレスタイヤは雪が降る前、早めの交換がおすすめです。もし新しく購入を考えているなら特に早めに購入しましょう。
雪の予報が出てからだと販売店も混み品薄になる可能性もありますし、交換の待ち時間も長くかかります。また、新品のスタッドレスタイヤは履き替えてすぐに本来の性能を発揮できない場合があります。多くのタイヤは外側に薄いゴムの膜で覆われています。通常の路面を100kmほど走行することによって、この膜が削れてタイヤ本来の性能を発揮しやすくなります。この慣らし走行の時間も考慮して交換時期を考えましょう。既存のスタッドレスタイヤを使用する場合も初雪の1ヶ月か2ヶ月前には交換したいですね。住んでいる地域によって初雪の時期は変わるので長期天気予報なども参考にして時期を決めましょう。

【スタッドレスタイヤはいつまで使用できるの?】

では冬のシーズンが終わった後、ノーマルタイヤへの交換はいつ頃がいいのでしょうか?
3月まではまだ雪が降る可能性も多いので3月末から4月初旬での交換がおすすめです。
スタッドレスタイヤはノーマルタイヤに比べるとゴムが柔らかいので暖かくなるとさらに柔らかくなり、急ブレーキが効かなくなったり雨の日に止まりづらくなったりということが起こりやすくなります。タイヤの減りも早くなり寿命も短くなるので忘れずにノーマルタイヤへ交換しましょう。

スタッドレスタイヤ交換

【スタッドレスタイヤで雪道のドライブも安心、あとは点検も忘れずに。】

雪道のドライブを楽しむために必要なスタッドレスタイヤ。その性能が十分に発揮されるように上手に交換して、安心して楽しみたいですね。タイヤの交換時期の見極めのみならず、車自体の性能が機能しているかどうかの確認も日々忘れずにしてくださいね。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る