山の天気をチェック!車で帰省の注意点

shutterstock_43229098

年末年始や寒くなった時の帰省など、冬のドライブは注意しないといけないことが多いですよね。自分の家の近くには雪がないのに途中で雪が積もっていたり、道路が凍結していたりと、ひやりとする場面があります。どんなところを注意したらよいか、もう一度確認しましょう。

お出かけ前に確認すること

冬のドライブでは、途中の道で思いもしないような天候にあう場合があります。積雪や視界不良など最悪のパターンを想定し、より安全なルートを選択しましょう。そのためには、ルートの状態の事前情報収集が大切です。下記の参考サイト、「冬の道路情報」に各地域の積雪情報などが掲載されています。ぜひお出かけ前には確認しましょう。
そして道路の凍結や積雪があると、通常よりスピードを落として走行しないといけません。そのため予定より時間がかかってしまうことが予測できるので、早めに出発することをおすすめします。
時間に焦って、事故を起こさないように心がけましょう。

【参考サイト】:冬の道路情報
http://www.mlit.go.jp/road/fuyumichi/fuyumichi.html
【参考サイト】:【事前情報の収集】 ドライブ前にしっかり計画を
http://www.c-nexco.co.jp/special/snow/plan.html

冬用タイヤを付けよう!

冬のドライブでは、タイヤの滑り止めを必ず付けなければなりません。滑り止めには大きく分けて、タイヤチェーンと冬用タイヤがあります。
タイヤチェーンは、雪道での走行パワーが強いです。しかし長距離付けっぱなしで走行すると、切れてしまうおそれがあります。そのため、必要に応じて着脱しないといけないのが難点です。
そのため高速を使用して長距離走行する場合は、途中で急に雪が降りだしても大丈夫なように、冬用タイヤを装着してお出かけすると良いでしょう。しかし、冬用タイヤを付ける上での注意点があります。まずは必ず4輪とも交換すること。そしてブレーキやアクセルの効き方が通常のタイヤと異なるため、同じ感覚で運転しないように注意することが必要です。

【参考サイト】:【タイヤの知識】 雪への備え!冬用タイヤについて知ろう
http://www.c-nexco.co.jp/special/snow/info.html

お出かけ前の日常点検

寒い時期は特に出発前に日常点検を行うと、安心してお出かけが出来ます。寒い時だからこそ特に注意しないといけない点は6つです。
まずはバッテリー。寒いと性能が下がり、エンジンがかかりにくくなることがあります。液量や比重のチェックを忘れないようにしましょう。次にエンジンオイル。オイルは寒くなると、固まりやすくなるので粘度を確認したうえで交換や補充をしましょう。そして、忘れられがちなウィンドウウォッシャー液。冬のダライ部は視界が悪くなることが多いので、寒さに強いウォッシャー液を入れておくと安心です。次は冷却液。冷却液は濃度が低いと凍結してしまうので、薄くなってきたら交換しましょう。次にワイパーブレードワイパーブレードが劣化していると、うまく雪を落とせないので必要に応じて早目の交換が必要です。最後にタイヤです。タイヤには使用限界があり、溝が50%以上すり減っていないかを必ずチェックしてください。

【参考サイト】:【万全の準備】 冬シーズン到来前にやっておきたいこと
http://www.c-nexco.co.jp/special/snow/provision.html

冬のドライブは危険がいっぱいなので、様々な面で注意をして下さい。そして無事に帰省し、楽しい家族の時間を過ごしてください。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る