ママ友トラブルを防ぐ車内マナー

ママ友トラブルを防ぐ車内マナー

子供同士が仲良くなり、ママ同士も仲良くなり、お休みの時にママ友の車に乗せてもらって遠出をすることは、もう経験されている方もいるかもしれませんし、これから経験される方もいるかもしれません。せっかくのママ友とトラブルを起こさないように、気をつけるべき車内マナーをご紹介します

最初にお礼を言おう!

親しき仲にも礼儀あり。まずは子供もママもあいさつすることと、乗せてくれてありがとうとお礼をすることを忘れないようにしましょう。当たり前と思うかもしれませんが、これを忘れると気になる方は多いものです。楽しいお出かけのためにあいさつを忘れないようにしましょう。
そしてもし子供が車酔いをする場合は、あらかじめ伝えておきましょう。車内の換気や途中の休憩などに気を付けてくれることでしょう。ちなみに酔い止めの薬は、だいたい乗車の30分~1時間前に服用すると効果的です。

車に乗るとき靴を脱ごう!

車内土足厳禁にしている方もいるでしょう。または靴を履いていても大丈夫だよ、と言ってくれる方もいるでしょう。しかし子供は足をバタバタさせてしまうので、色々な場所を蹴ってしまいます。子供の足跡を車内に残さないように、車に乗ったら子供の靴を脱がせると安心です。
しかし靴を脱いだからといって、運転席のシートを蹴らないように注意してください。運転中にバンバン蹴られると、気になってしまい事故にもつながります。

車内の飲食に気を付けよう!

やはり一番気になるところは、子供のお菓子の食べこぼしと飲み物をこぼしてしまうことです。動けない車内でじっとしていることは、子供たちにとって苦行です。大人しくさせるためにお菓子をあげることがあるでしょう。しかし、こぼさずにきれいに食べられる子供は少ないです。そのため車の中で食べるお菓子は選びましょう。みんなで分けるので個包装のものをおすすめします。そしてスナックなど、食べる時に食べかすが落ちやすいお菓子は避けましょう
また飲み物は蓋つきのストローにするとこぼさずに済みます。

最後に運転してくれたことへの感謝を込めて、気持ちばかりのガソリン代を渡せるといいです。他の人の車に乗るときはとても気を使います。以上のことに気をつけて、みんなで楽しいお出かけになるといいですね。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る