安全とお財布に優しい車生活とは?

皆さんは、車をいつ購入しましたか?私はちょうど社会人になったタイミングでした。
まだ初任給を貰う前で高価な車は買えなかったため、最初に手に入れた中古の軽自動車でした。とても古く、走行距離もかなり長い車でした。
それでも初めてのマイカーですから、嬉しさのあまりうきうきと意味もなくドライブに行き、週末はマメに洗車をして大切に乗ったものです。

車はとってもお金がかかるもの

安全とお財布に優しい車生活とは

しかし楽しかったのも束の間で、暫くし「車はとてもお金がかかる」ということに気づきました。ガソリン代に加えてオイルやウォッシャー液などの消耗品に、季節の変わり目にはタイヤ交換やクーラーガスの補充、駐車場代や保険代にとどめは車検……と、維持をするだけでもどんどんお金が飛んでいくのです。仕方がないので、調子が悪い箇所があっても気付かないふりをして、故障するまで大丈夫、と後回しにするようになりました。

そんなある日、「早めに交換に行かなくては、と思ってはいたもののまだ大丈夫、と過信していた結果事故になってしまった」という話を巷で聞いたことがあったので、改めて自分自身も気をつけなければ。安心安全には変えられない。と改めて感じました。

事故を防ぐことが一番の節約!そのためにも日常点検を

車を手に入れて色々とお金が飛びましたが、それでもやっぱり事故をしないことが何よりの節約なのだな、と修理代の明細を見ながら切に思いました。
お財布にも優しく、車も大切に乗りたい。そのためには何をすればよいでしょうか
考えた末に出た結論は、普段から日常点検を行うことです。

私もその事故から、こまめに日常点検を行うようになりました。知識がなかったので、最初は簡単に気付いたところから。ライトが切れていないか、ワイパーのゴムは劣化していないか。タイヤの溝は磨耗していないか。などなど。更にエンジンをかけたら、出発前にブレーキやウィンカーも必ず事前に点検です。
そして何か不調があれば、すぐに修理工場やガソリンスタンドで聞いてみるようにしました。交換時期や金額、放っておくとどうなるかなど、丁寧に教えてくれましたよ。

このように日常点検をして早めに対処するようになってからは、ボロボロの車でしたが、事故や大きな故障をすることがなくなりました。細々としたお金はかかりましたが、長期的な目で見ると、車に関する年間経費は明らかに減っていきました
傷は浅いうちに治しておいた方が良いのは、人間も車も同じなのですね。

愛車を安全&経済的に、長く乗り続けるために

車は乗っていると愛着が湧きます。経済的に、且つ、愛情を持って長く乗ってあげたいものですね。そのためには、まず事故を起こさないこと。事故を起こさないためには、日常点検をして車に不備がないか確認し、車の状態を把握しておくこと。
結果として安全に、そして経済的に車に乗り続けることができるのです。人と車にとってこんなに素晴らしいことはないですね。

新車でも中古車でも、点検が大切なのは同じです。定期点検の他に日常点検という手間をかけてあげることで、整備不良から起こる事故を未然に防ぎましょう
それがあなた自身や、あなたのお財布を優しく守っていくことに繋がるのですから。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る