愛する人が出来たらしてほしい車のこと

どなたにも、愛する方はいらっしゃると思います。近年減少傾向にありますが車による事故はまだまだ多いのが現状です。車で出かける際、あなたの愛する人を守るためには何をしたらよいのか考えていきましょう。

愛する人が出来たらしてほしい車のこと

交通ルールを守ろう

交通ルールは愛する人を守るための約束と言っても過言ではないと思います。車だけでなく自転車や歩行でも、外に出かけるときには必ず交通ルールを守りましょう。免許を持っていない方が標識を理解していないことは多いですが、意外と日々運転をしている方でも何を示しているか答えられない標識があります。そのために長距離運転や普段走らない道を通ると交通違反をしてしまい、事故に繋がってしまうこともあります。また車間距離を詰めたり、脇見運転をしたり、割り込みをしたりと無理な運転を行うと大きな事故に繋がりやすいです。ゆとりをもって運転することを心がけましょう。
交通ルールではありませんが、高速で前方に渋滞を発見した時に後続の車にハザードランプで知らせたり、ヘッドライトの照射方向を適宜変更したりすることはドライブマナーです。順番を譲ってもらった時にハザードランプを点滅させるなど、周りのドライバーにも気持ちよく運転してもらうためのマナーも知っておきましょう。

毎回日常点検を行おう

あなたに愛する人が出来たなら、その人を失いたくないですよね。また、自分の命を落としてその人を悲しませたくないですよね。そのために車に乗る前には必ず日常点検を行いましょう。日常点検ではブレーキ類、バッテリー、エンジン、タイヤ、ランプ類、ワイヤー、ウォッシュ類の消耗具合や不具合がないかを確認します。慣れれば10分程度で終わる作業です。その10分を行うかどうかで事故を起こす確率が変わります。長期間使用した車は特に消耗や不備が多いので、細かいところまで点検しましょう。また自分だけでは点検しにくい場所もあります。そのような場所の点検をしてもらうためにも定期点検も忘れずに行いましょう。

愛する人が出来ると意識が変わってくると思います。大事な周りの人に迷惑をかけないためにも日常点検など自分で出来る対策をしっかりと行いましょう

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る