乗る前に必ず車の健康診断を

レンタカーはレンタルする前に必ず「日常点検」をします。それは何故でしょうか?それは「事故を起こす可能性がある車」をレンタルするわけにはいかないからです。でもそれはすべての車において言える事ですよね。誰だって「事故を起こすかもしれない車」には乗りたくありません。点検しておかないと知らず知らずの間にマイカーの調子は悪くなり事故を引き起こす可能性も高くなります。車も人間と同じように「健康診断(日常点検)」が必要なのです。

乗る前に必ず車の健康診断を

愛車を労わろう!「健康診断のススメ」

「病気」の完治、早期回復のためには「早期発見」が重要です。病気の早期発見に一番効果的なのは「定期的な健康診断」ですが、車も同じです。車の不具合は見て、乗って、すぐわかるものもありますが、あまり目にすることのないエンジンルームの不具合は気づきにくいものです。しかし、エンジンルーム内のパーツは「病気」になってしまったら「車が動かなくなる」という致命的な事態を引き起こしかねないくらい重要です。「健康診断」で車の「内部」も定期的にチェックして車を健康に保ちましょう。

点検は難しく考えなくてもOK!大まかな項目に分ければ簡単です!

点検は「項目が多くて大変そう」と感じている方が多いのではないでしょうか?確かに推奨されている点検項目は15個あります。15個は細かくて覚えづらいので私は大きな項目に分けて覚えています。

①エンジンルームの確認(5液の量)
②タイヤ、ランプの確認(設備確認)
③運転席に座ってわかる見え方の確認

項目をひとつずつ見ていくと、それほど難しくはありません。①と②の項目は基本的に「目視」で行えるものばかりです。③の項目も無意識に行っているものもあるので、それにワイパーなどのチェックを加える位で済むのです。
さらに、日常点検の項目をリストにしておき、車に置いておけば覚えられなくても大丈夫です。実は慣れれば数分で行える簡単なものばかりです。

時間がない時は「1分で健康チェック」

車に乗る時は「急いでいる時」も多いもの。恥ずかしながら、私も出掛ける前はいつも時間がなくバタバタと出かけています。そんな時でも最低限チェックしておきたいポイントを押さえて「1分」だけでも点検することを心がけています。見ておきたいポイントは

・タイヤ(消耗具合の確認)
・ランプ(電気の確認)
・エンジン(音の確認)

いわば、ちょっとしたケガがないかどうかの、「健康チェック」です。
さらに、これだけでも点検することで 「焦り」も落ち着き、安全運転につながるのでオススメです。

いかがでしょうか?安全のためにも愛車の「健康」のためにも、「日常点検」を是非習慣にしてくださいね。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る