子供の安全、ママの行動で守れるよ!

悲しい事に、子供が犠牲になる事件・事故は後を絶ちません。しかし、ママが日頃から安全に対して意識し、関心を持っていれば防げる事でもあるのです。大切な我が子を守る為、ママに知っておいて欲しい事をご紹介します。

子供の安全、ママの行動で守れるよ!

本人すらも「分らない」常識が通用しない子供の行動!

我が家には9歳と5歳の男の子がいます。正直、よく今日まで元気でいられたものだ、と感心するくらいに毎日危険と隣り合わせです。明らかに前方から車が来ているのに、猫のように急に飛び出すのです。「なんで止まらないの!?」と聞くと、「分らない。」との返事・・・。無意識に体が動いたそうです。比較的「しっかりしている」方だと思っていましたが、やはりまだまだ子供。どんな子供でも注意が必要なのです。「近所で遊んでいる」と油断せず、親としては出来る限り様子をみておきたいものです。
また、行動範囲も常識をはるかに超えています。
お兄ちゃんは小学生ですが、「通学路で帰ってくる」ことはほとんどありません。「人が通れるのか!?」と思うような道なき道を通る事が大好きです。近所の道路、大人は「メイン」の道しか知らない事も多いです。一度親子で一緒に散歩などして、近所や通学路の「危険なポイント」を確認しておきましょう。この時大切なのは、「こんな所通るはずがない」などとは思わないことです。また、「交通ルール」を確認しながら散歩してみてください。例えば道路を渡る時、「渡るときには右・左・右!」と呪文のように毎回唱えます。体が覚えてくれれば「何も考えていない」子供でも「クセ」で左右確認が出来るというわけです。

働くママでも安心!人気の送迎サービスって?

習い事などの送迎をしてくれる、「キッズタクシー」をご存知ですか?下校時や塾の帰り道、暗くなってから歩いて帰ってくる子供を思うと不安です。子供自身も怖い思いをしているかもしれません。私自身小学生の時、帰り道が怖くて習い事をやめた経験があります。キッズタクシーは仕事などで送迎したくても出来ないママにおすすめしたいサービスです。業界最大手の日本交通のサービスで、乗務員は保育士や普通救命講習を受けた選び抜かれたドライバーばかりです。タクシーというと、私が子供の時は「特別」な乗りものでしたが、タクシーの利便性が「安心・安全」につながり、いまや子育てに欠かせない存在になっているのです。
また、民間で運営されている学童サービスは「送迎付き」のものもあります。学童から自宅だけでなく、塾までの送迎も可能であれば、仕事で帰りが遅くなってしまうママでも安心ですよね。

いかがでしたか?子供の安全を守るのは親の務めです。でも難しく考えなくても、大人の日頃からのちょっとした意識で、子供自身にも「安全管理」の意識は芽生えてきます。
便利なサービスも上手に利用し、大切な我が子の命を守りましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る