車の誕生日、知っていますか?

初めて車を購入する時や、車を新しく買い替えることは、誰にとっても心躍るワクワクする瞬間ですよね。納車日まであと○○日…なんて、指折り数えて楽しみにした記憶が皆さんにもあるのではないでしょうか。
では、現在の愛車が皆さんの手元にやってきた日付を、正確に覚えていますか?

%e8%bb%8a%e3%81%ae%e8%aa%95%e7%94%9f%e6%97%a5%e3%80%81%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9fshutterstock_166370987

愛車は大切なパートナー 記念日を覚えておこう
例えば、産まれたばかりの赤ちゃんは、誕生日から数えて生後1ヶ月、生後2ヶ月…なんて月齢でとらえ、その成長具合の様子を気にかけたりしますよね。また、恋人同士ならば「今日が付き合い出してから○○ヶ月目の記念日!」なんてお祝いしあうカップルもいるでしょう。

そんな風に、今の車が皆さんの家族の一員になった日を、「車の誕生日」という風にとらえ、その日付を意識しておくことをオススメします。実はこれが、安心・安全に、長ーく愛車とつき合っていく秘訣に繋がるからです。

記念日=点検のタイミング
法で定められている1年点検や2年点検、任意で行う3ヶ月点検、6ヶ月点検。これら「定期点検」は、ディーラーや整備工場などに車を持ち込んで行う人がほとんどだと思います。

では、「日常点検」についてはどうですか? 道路運送車両法において、ドライバーは「日常点検」と「定期点検」を行うことが義務づけられていますが、皆さんはきちんと日常点検が出来ていますか?

日常点検は、1ヶ月に1回を目安に行うことが推奨されています。ですから、車の誕生日がいつかを覚えておけば、購入から1ヶ月、2ヶ月…と分かりやすく、日常点検を行う目安になります。気がついたら何ヶ月も点検してなかった…なんて事態を防ぐ、有効な方法と言えるでしょう。

日常点検は自分で出来ます!
定期点検は専門の知識を有したプロでなければできませんが、一般ドライバーの私たちにもできる点検、それが「日常点検」です。ランプはきちんと点いているか、タイヤに亀裂はないか・摩耗していないか、ブレーキの踏み具合・効き具合はどうか、エンジンに異音がしていないか、オイル類の量はどうか…などの15項目があります。でも、どれも簡単にすぐ出来てしまうものばかりで、効率よく行えば10分程度で完了する作業なんです。

我が家では自宅で洗車する時は子どもたちが大はしゃぎで手伝ってくれるのですが、今後は洗車のついでに子どもと一緒に点検するのもいいな…なんて思っています。1人ではついつい忘れがちなことも、家族や誰かを巻き込んで一緒に点検するようにしておけば、忘れるリスクも減らせますよね。

家族や大切な人たちの命を乗せるからこそ、車自身を大切に扱い、最良の状態に保ってあげることはとても重要です。車の誕生日を意識し、記念日をお祝いするような感覚で、ぜひ1ヶ月に1度の日常点検を行ってくださいね。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る