家計に優しい! ?日常点検

20160728_05

車をお持ちの皆さんは、どのようなタイミングで車を買い替えますか。多くの方は欲しい車が出てきた時や、事故等で壊れてしまった時ではないでしょうか。車は大きな買い物です。愛着を持って長く乗れるといいですよね。

車に長く快適に乗るには?

年々長期使用車両が増えてきています。長期使用車両とは初度登録年から10年超えの車のことです。
例えば、こだわって長年乗車されている車や、中古車としてセカンドユーザーの手に渡った車もあります。最近の車は耐久性も高くなっていますが、一般的に長期間使用した車は大事に乗っていてもガタがくるものです。その時に怖いことは、見えない部分の劣化が徐々に進み、大きな故障や事故に繋がることです。
では、長く快適に乗るためにはどうしたら良いのでしょうか?
まず第一に日常点検を行い、普段の車の状態を把握しましょう。そして、自分では点検できない場所もあるのでプロによる定期点検も必ず実施しましょう。

どこをチェックすればいい?

エンジンオイル
 エンジンオイルはエンジンの潤滑をする役割があります。不足したり、汚れたりしているとエンジンが壊れてしまいます。
冷却水
 冷却水はエンジンを冷やす役割があります。冷却水がないとエンジンがオーバーヒートしてしまいます。
ベルト類
 車のベルトは発電したり、エアコンを冷やしたりハンドルを軽くしたりと様々な役割があります。ベルトに異音(キュルキュル)がしないかをチェックしましょう。
バッテリー
 バッテリーは主にエンジンをかけるときに使用します。エンジンがスムーズにかかるかバッテリー液が減っていないかをチェックしましょう。
タイヤ
 タイヤは走行距離や走行方法によってだいぶ消費されます。また、不具合があるとスリップして大きな事故や故障に繋がることもあります。釘などが刺さっていないか、空気圧は大丈夫かもチェックしましょう。
本当はまだまだ点検するべき箇所はありますが、まずはこれらの点検をしっかりとしましょう。

点検をすることで家計に優しい?!

なかなか点検をしたことがない方は、尻込みしてしまうかもしれませんが、慣れてしまえば短時間で終わります。まずは上記5点の確認から始めてみてみましょう。点検をしっかりと行うことで大きな事故や故障を防げるので、大きな出費を防ぐことができます。またトラブルを未然に防ぐことにより、急に車を買い替えたり、部品の交換など、思わぬ出費がかからずに済むのでトータル的にみると家計にも優しいのです。

【参考サイト】:
愛車を末永く乗り続けるために
http://www.jafmate.co.jp/chouki/
自分の車大丈夫??
http://matome.naver.jp/odai/2140308674433638801

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る