習い事の送迎、どうしてる?

子供が小さいうちは習い事も送り迎えが必要ですよね。
電車などは荷物や時間の事を考えると大変ですので、車での送迎が多くなるのではないでしょうか。
そうなると心配なのが、安全面
送迎の時間は子供や保護者で大変混雑しますから、事故の可能性も大きくなります。
しかし、マナーやルールをきちんと守っていれば事故の可能性はグッと低くなります。
では、どのような事に気を付ければよいのでしょう?

チャイルドシート、正しく使っていますか?

まずは自動車への子供の正しい乗せ方を再確認しましょう。
法律では6歳未満の子供を自動車に乗せる場合、チャイルドシートの装着が義務付けられています。
当然、チャイルドシートは皆さん装着していると思います。
しかし、装着しているだけで正しく使用していない人が多いのではないでしょうか。
チャイルドシートは必ずシートベルトをしっかり締め、使用してください。座らせただけでは効果がありません。
また、助手席に取り付ける事も安全面からはお勧めできません。
(助手席に取り付けても違反にはなりません。)

後部座席に子供を座らせ、シートベルトを締めるのは少し面倒ですが、大切な子供の命を守るためには必要です。

また、義務付けられているのは6歳未満ですが、より安全なカーライフのために
10歳頃までは学童用の「ジュニアシート」も活用して頂きたいです。
また、もし他のお子様を乗せる(自分の子供を乗せてもらう)場合、運転手1人だけではなく、他にも保護者を同伴するようにするなど工夫をしましょう。何か起こった時に即対応ができる体制を整えておくと安心ですよね。そのためにも、同じ習い事に通うお母さんとのルール決めや安全に対してのコミュニケーションの場を普段から設けていきたいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る