注目の花火大会に車で行こう!

夏のレジャーといえば、やっぱり山に海に花火!
特に家族と見た花火大会は、夜のドライブやずらりと並ぶ露天、夜空にぱっと広がる光や音の記憶と相まって、大切な思い出としてずっと心に残っている方も多いのではないでしょうか。

全国で行われる花火大会

いまや日本全国で行われ、夏の風物詩とも言える花火大会
その発祥は思うよりも古く、室町時代の文献には既に花火らしきものの記述があったそうです。
そこから江戸時代には、打ち上げ花火は庶民の楽しみとなっていました。
それが現代にも続いているなんて、なんとも粋ですね。

そんな花火大会ですが、現在に於いても7月8月は各地で毎週のように開催されています。
しかし大きなものになると人出も多く、観客が100万人を超える花火大会もあるそうです。
そこまで大きな花火大会でなくても、始まる何時間も前から場所取りをしたり、往復の車渋滞やぎゅうぎゅうの電車移動を思うと、小さなお子さまがいるご家庭ではなかなか足が重くなってしまいます。

注目の花火大会に車で行こう!

車の中から花火を楽しむという、特別空間

これらの理由から「子供が小さいうちは無理かしら」と思うかもしれませんが、諦めることはありません。それならいっそ、離れた場所で車の中から鑑賞してみてはいかがでしょう?
迷子の心配もなく、赤ちゃんが泣いてしまっても気兼ねする必要もありません。
帰りにお子さまが眠ってしまっても安全安心
なのも嬉しいポイントですね。

車から快適な空間での家族だけの花火鑑賞。
間近で見る大迫力の花火も圧倒されますが、少し離れた高台から見るぱっと花が咲いたような打ち上げ花火も、きっと心に残ることでしょう。

出発の前には必ず準備と点検を

花火鑑賞を素敵な思い出にするためにも、まずは出発までに必ず、事前準備と車の点検をしておきましょう。
タイヤの空気圧ガソリン残量のチェック、バッテリーとエンジンオイルの点検、夜道を走りますからライトや反射板の確認は必ずしておくと良いですね。
普段走らない道も通りますから、カーナビや地図の用意もあると安心です。
そして車で現地まで行く場合は駐車場の事前確認を、離れた場所から見る場合には鑑賞スポットを調べておくとスムーズです。
他県まで足を伸ばすなら、ついでに名産品やおいしいお店もチェックしておくとパパやママの株も上がりそうですね。

大切な家族と、車の中という特別な空間で花火が鑑賞できたらとっても素敵ですね。
夜のドライブの時間と併せて、家族みんなの大事な思い出になるのではないでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る