【後半】自動車点検整備推進協議会×ITマミー部の決起会、勉強会が行われました。

日時:2016年7月5日 10:30〜13:00 
場所:日本交通 赤羽営業所
決起会&勉強会  活動報告書前半:作成 滝田

「自動車点検」について研究員たちが学び、「点検に関わる様々な悩み事」を解決します!

決起会前半4

決起会後半は最初に簡単なクイズがありました。
Q タイヤの溝の深さの事を何と言いますか?
A デプスケージ
Q 年点検は全部で何項目ありますか?
A 全26項目
Q 車検と定期点検は何の為に行うのか?
A 安全性を維持するため

何と!全問正解した研究員は僅か2名だけでした。
今回のクイズを通して楽しみながら覚えたので、答えられなかった人も次からはバッチリ正解ですね!

決起会後半3

次に「点検に関わる様々な悩み事」についてワークを行いました。
まず、研究員が「点検に関する悩み事」を2個ずつ考え、それを付箋に書き出し順番に発表しました。

各テーブルでワークをしました。
先ほどの「事前の悩み事」について4つの大枠テーマに分けます。
各テーブルで班を作成しそれぞれのテーマについて考えていきます。

A班:日常点検について
B班:環境保全への貢献・消耗部品交換について
C班:定期点検について
D班:長期使用車両について

私はA班だったので、「日常点検について」考えました。
前半で実際に車両を使って分かりやすく教えていただいたので、有り難いことに事前に考えてきた点検についての不安が殆ど無くなりました!
【前半】自動車点検整備推進協議会✖ITマミー部の決起会、勉強会が行われました。

また、「My Car Hand Book」があれば怖いものなしですね。
ダウンロードも可能だそうですよ。
http://www.boo.or.jp/handbook/handbook-contents.html

日常点検の流れとして
①月1回はエンジンルームをのぞいて点検!
エンジンルームって何ですか?と素朴な疑問にも快くお答えいただきました。業界の方はボンネットとは言わないそうです。
「へえ〜、そうなんだ〜!」とここでもプチ情報が満載です!
②乗る前に車のまわりを回って点検
レンタカーを借りると毎回必ず確認しますが、自分の車でも乗る前にチェックしておく意識が必要ですね。
少しでも違和感があれば直ぐに気付くことが出来るので安心です。
「いつもと変わらない事」も点検に繋がります。
③運転席に座っての点検は、必ず走り始める「前」に!
渋滞はチャンス!近くのパーキングに止めてゆっくり確認が出来ますよ。渋滞しているときこそイライラしないで済みますね。これからはゆったりと時間を過ごせそうです。

プロの皆様からのサポートにより各テーブルは大盛り上がりです。
それぞれプチ情報も色々と出て来ました。
A班:日常点検でボンネットは月1回、他は毎回乗る前にチェックすることについて学びました。
B班:エンジンを付ける時はエアコンを消しておくと良いと学びました。
※これは知らない人が殆どで皆さんメモしていました。
C班:日常点検と定期点検の違いについて学びました。
※車検とはどう違うのか、どんな検査をしているのか内容を知りたいと、一歩踏み込んだ内容になりました。
D班:「7マイカーへの愛着があり、買い替えのタイミングが分からない」との問いに、修理代が高くなる・事故・欲しい車が出た・・・この3点がポイントになるとの回答がありました。

最後にそれぞれフックとなる言葉を選びキャッチを考えました。
A班:タイヤって見た事ありますか?
   エンジンルーム(ボンネット)って開けた事ありますか?
B班:夏休みここをチェック!
C班:車の予防医学って知ってる?
D班:家計に優しい日常点検

自動車点検整備推進協議会の皆様による親切で丁寧なご指導のお陰で研究員の皆さんからたくさんのアイデアが溢れ出て来ていました。
今日学んだ事を活かして私たち研究員は多くの方に伝えていきたいと思います。
素敵な機会をいただき有難うございました。

最後にJAFさんから「昨年のロードサービス233万件!」というお話を伺い、その数の多さに驚きました。
一般道では、
1位:バッテリーあがり
2位:タイヤのパンク
3位:鍵が開かない

という順位だそうです。
また高速道路では、
1位:タイヤのパンク
2位:バッテリーあがり

と順位が変わるそうです。
日頃からトラブルを無くす事が大切ですね。

帰宅して早速ボンネットを開けて愛車の点検を一人で行ってみました。
自分一人で出来た事に感動です。
多くの方にこの感動をお伝えしたいと思います。
これから研究員のメンバーと共に学んでいきますので今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る