【前半】自動車点検整備推進協議会×ITマミー部の決起会、勉強会が行われました。

日時:2016年7月5日 10:30〜13:00 
場所:日本交通 赤羽営業所
決起会&勉強会  活動報告書前半:作成 二子

ITマミー部から、11人の研究員が集まりました。

決起会前半1

研究員に選ばれた方は、子供の送迎や、買い物、移動手段として車の運転をしていますが、皆さん点検はディーラー任せ、ご主人任せ。自分ではやったことがないという方がほとんどです。
皆さんの意気込みや車の悩みがどんな事なのか?とまず、話し合ました。
「日常点検の重要性を伝えていきたい!」
「子供や知人を車に乗せるのは命を預かる事なので、点検をしっかりやりたい。」
「ディーラーで点検時に説明を受けても、なかなか理解できない」
「消耗品の替え時がわからない。」

皆さん今までは、疑問に思いながらもそのままになっていたようです。

実際に車を見ながら日常点検のやり方について教えていただきました!

決起会前半2

皆さんご自身では一度もボンネットを開けた事がない様なので、実際にボンネットを開けて中に何があるか一つ一つ説明してただきました。

日常点検は15項目!
【STEP1 エンジンルームを覗いて点検】
①ウォッシャー液の量
②ブレーキ液の量
③バッテリ絵液の量
④冷却水の量
⑤エンジンオイルの量

それぞれの液量の確認の仕方を教えていただきました。
配置場所は車種によって違うので「家に帰ったら、確認してみます!」と皆さん意欲的でした。

決起会前半3

【STEP2クルマのまわりを回ってここを点検】
⑥タイヤの空気圧
⑦タイヤの亀裂、損傷及び異常な摩擦
⑧タイヤの溝の深さ
⑨ランプ類の点灯、点滅及びレンズの汚れ、損傷

クルマまわりは目視で確認しやすいので、点検もスムーズにできそうです!
タイヤの溝の深さを確認する「デプスケージ」。今まで、特に意識したことがなかったのですが、みなさん「なるほど」と説明を受けるたびに声が上がっていました。

決起会前半4

【STEP3運転席に座ってここを点検】
⑩ブレーキペダルの踏みしろおよびブレーキの効き
⑪パーキング・ブレーキ・レバーの引きしろ
⑫ウインド・ウォシャの噴射状態
⑬ワイパ拭き取りの状態
⑭エンジンのかかり具合および異音
⑮エンジンの低速および加速の状態

実際に車に乗り込んで、説明を受けました。
自分の目や感覚、音で確認する!
聞く、見る、触れる
日常で意識する心構えが不具合の早期発見ポイントという事が分かりました。

決起会前半5

勉強会を終えて

初めは全く知識がなかった研究員ですが、日常点検を自分で出来るまでになりました。
そして改めて、定期点検や日常点検の重要性を感じました。
今後も勉強会などを重ね知識を増やし、より多くの皆さんに広めていきたいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る